●clarion/FDS(フルデジタルサウンド)デモカーにて試聴出来ます●
お待たせしました、『クラリオン/Full Digital Sound』DEMOカーにて試聴出来るよう
準備中です。 
来週には、試聴可能ですので、是非、聴いてください、画期的システムの斬新な音
初めての方は、多分ビックリされると思いますよw(゚o゚)w

では、商品構成を・・・
2016082620565938158.jpg










トゥイーターです。付属のマウントは、『ダッシュ置き用』と『マウント用』の2種類です。
このトゥイーターは、単品ではなく、『Z3』プロセッサー本体、コントローラーとのセット販売です。

その『Z3』は
2016082620563435398_3.jpg










これです。プロセッサー本体になります。
大きさ比較の為に、スピーカーとのツーショットを!
2016082620565337086_1.jpg










かなり、コンパクトサイズで、設置場所には苦労しそうもありません。
2016082620563435398_2.jpg










このコントローラーも、付いてきます。

続いて、ミッドウーファー『Z7』です。
2016082620565337086.jpg










2016082620565337086_3.jpg










2016082620565337086_2.jpg










埋込寸法およそ、67mm・・・・一般的なこの口径のスピーカーと比べると、
やや奥行きが必要ですが、バッフル次第でインナー取付可能です。

ここに紹介した、全ての接続は『デジタル伝送』となりますので、
まさに、『フルデジタルサウンド』ですね。

2016082620563435398_1.jpg











商品の詳細は、『クラリオンのホームページ』でご覧ください。
音の詳細は、当店DEMO Carにて『聴いて、体感』してください!

8/29(月)より、試聴可能です。(多分)
基本的には、常時ある車両ですが、試聴希望の方お電話にて一報頂けると
助かります。

では 宜しくお願い致します。



DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●AQUA/音抜け重視でバッフル作り替え●
2016082518155242761.jpg










TOYOTA AQUA、オーディオチューニングで入庫です。
チューニング内容は・・・
‥薫翹豹興萢
▲侫蹈鵐肇疋∧箒&バッフル作り替え
になります。

まずは、天井(ルーフ)防振です。
2016082518161543952_1.jpg










2016082518161543952_2.jpg










2016082518161543952_3.jpg










画像一番上・・・・ノーマル状態です。鉄板剥き出し、天井叩くとカンカン響き渡ります。
2番目・・・・・STP GOLD AEROにて、全面制振処理施工後です。
     この時点で、響きは、かなり低減され、鉄板を叩いている感じは無くなります。
3番目・・・・・・STP NG04吸音、遮音、断熱処理です。
      2番に比べて、更に音の減衰が早くなった印象です。

雨音の当たる音の違いは、もちろんですが、車内全体の静寂感UPで、
音楽を聴いても雑味、付帯音の低減でスッキリした印象となります。

スピーカー取付時のドア防振は、言わずと知れた処理ですが、
次にお勧め防振箇所としては、ルーフ(天井)は効果『大』です。

次、ドア補強&バッフル製作
まずは、防振処理です。
2016082518155242761_1.jpg










見た目、いつもの防振プラン2ですが、内容はスペシャルプランとなっております。
インナーパネル側の、柔らかな鉄板部にはスチールバーにて補強を施した後に、
『STP BOMB』にてHOLE塞ぎをしてます。
その他、アウターパネル側のインパクトビーム周辺の処理、純正ケーブル鳴き止め処理・・・・
かなり手の込んだ、オーダー防振です。

続いて、バッフルです。
2016082518161543952.jpg










画像左・・・カロッツェリアの『6シリーズ』のメタルバッフルです。
従来使用していた物です。これをベースに、+樺合板にて製作してました。

画像右・・・この度製作した、バッフルです。(裏から見たところです)
ベースは、樺合板。2枚目とスピーカー取付面は『MDF』です。
左・メタルバッフルの穴径と、右・木製では最終開口部の広さは
見て判るようにかなり広くなってます。花びら状に、開口している理由は、
大きな開口部を取りながら、接続をしっかりとボルト止めするのスペースの為です。

2016082518155242761_2.jpg










スピーカー、内張りを組んだ状態です。
ユニットは『DYNAUDIO ESOTAR2 650』です。

天井、ドア、組んでしまえば、入庫してきた時と見た目は、何も変わらずですが、
出てくる音の違いは、大きかったですね。
オーナーさんも、音の違い、SOUND UP、には驚かれてました。

では


DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●特選!中古品情報 / HELIX DSP PRO入荷しました!●
久々の、特選!中古品情報になります。
中々、中古では出てこない現行モデルのハイエンド機のご紹介です。

HELIX DSP PRO/ハイレゾオーディオプロセッサー(USED)入荷致しました。
2016081820514537832.jpg











現在発売されている、オーディオプロセッサーの中では、最高峰と言ってもよい
ハイスペックなプロセッサーです。
あらゆるシステムにも対応出来ます。

2016081820514537832_1.jpg










・8チャンネル・ハイレベル入力(スピーカー出力対応)
●純正ナビ等、スピーカー出力しかないヘッドユニットでも接続可能です、
 また、純正マルチシステムでも、入力信号の合成が可能な為、対応できます。

・8チャンネルRCA入力
●RCA出力のある、ヘッドユニットの信号も入力できます。

・デジタル入力
●同軸デジタル or 光デジタル 入力可能(どちらか選択)

これだけあれば、まずどんなシステムでも対応できるでしょう!

2016081820514537832_2.jpg










・10チャンネルRCA出力
●通常のMAXシステム・フロント3WAY+サブウーファー×2・・・・これでも、8チャンネルです。
10チャンネル出力あれば、殆どのシステムに対応できます。
●内部処理動作サンプルレート・・・・『96KHz/24bit』とかなり高いサンプルレートでの処理で、
音質劣化の少ないデジタル処理が可能!ここが、『ハイレゾ』!、高音質の決め手!です。

滅多と出てこない、逸品です。この機会を逃さぬよう、ご入用の方はお早めに!

●●当店にて、取付け頂ける方のみ限定です。商品のみの販売は致しません。●●

●下記、表示価格は、本体のみの価格です。取付工賃、調整費等は含まれておりません。
現在のシステム等により、工賃は異なりますので、興味のある方は
一度、お見積もりをご依頼ください。●

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『HELIX DSP PRO』(中古品)+コントローラー『URC-2A』(中古品)
〜〜10ch・ハイレゾオーディオプロセッサー〜〜
新品希望小売価格 ¥150,000(税別)

M.E.I.中古販売価格
¥100,000(税別)・・・¥108,000(税込)

使用期間 ・・・・・約1年・・・程度:5段階中4.8
       
店頭在庫あり! 
※商品に関する、ご質問等ありましたらお気軽にお問合わせ下さい。m(._.)m 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

取り置きは、出来ません。早い者勝ちです!
興味のある方、お見積もり依頼・・・コチラよりお問い合わせください
              ↓↓↓↓  ↓↓↓↓
             問合わせをする

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●POLO/100PREMIで2WAYマルチに変更●
4日間のお休みもあっという間に終わり、本日より営業再開しております。
お盆も異常に暑かったですが、まだまだ、暑い日が続きそうですねι(´Д`υ)・・・
皆さま、どうぞご自愛ください。

さて、お休み前に納車済みのお車のご紹介です。

2016081722022821944_2.jpg










長年使用されてました、カロッツェリアCYBERナビから、
DIATONE SOUND.NAVI『NR-MZ100PREMI』に交換いたします。

フロント2WAY取付済みの『HELIX P236』をパッシブネットワークを使用して、
鳴らしてましたが、この度にナビヘッド交換に伴い、フロント2WAYマルチ接続に変更。
よって、パッシブネットワークは、取り外します。
2016081722022821944_3.jpg











BEWITHのモノラルアンプ『R-107S』×2台は、そのままミッドウーファーに
使用します。
ミッドウーファー・・・外部アンプ/トゥイーター・・・内蔵アンプ
という接続になります。
2016081722022821944_1.jpg











2016081722022821944.jpg










5年位前のCYBERからの、交換とあって流石に画面、画質の綺麗さは
断然、現行サウンドナビの方が綺麗ですね。

それと、音の方も、マルチ接続による調整幅の違いによる、音の纏まり、
そしてもちろん機材の性能差もあって、音質も確実にUP!となりました。

system_polo.jpg













では


DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●メルセデスA250/HELIX P SIX DSP MK兇撚纂UP!●
kakikyutyo2016.jpg
と言う事で、明日より16日(火)まで、お休みを頂ます。

昨日の、オデッセイにつづき本日も、HELIX のDSPユニットを使っての
音質UPです。
車両は、『メルセデス/A250』
2016081216331547451_1.jpg

ヘッドユニットは、純正を使用します。
2016081216331547451_3.jpg
純正でハーマンカードンシステム付で、トランクフロア下に、アンプ、サブウーファー
が入ってます。
ヘッドユニット〜純正AMP間の音声は、光デジタル信号の為、取り出せないので
純正アンプの出力より、音声信号取り出しで、『HELIX P-SIX DSP MK供戮貌力します。

2016081216333446850_1.jpg
トランクフロア下に、全機材を設置です。
フロントは、P-SIXの内蔵アンプでフロント2WAYをマルチ駆動。
サブウーファー用にに外部アンプを一台追加してます。

2016081216333446850_2.jpg
サブウーファーを設置するために、TOPパネルは製作してます。
高さは、純正と同じ高さです。
4つの丸穴は、サブウーファーエンクロージャーが乗っかる所です。

2016081216333446850.jpg
エンクロージャーは、前の車で使用していた物を、再利用してます。
フロントシートを倒したら・・・
2016081216333446850_3.jpg
こんな感じです。
サブウーファーは、『Morel ULTIMO10』です。
このエンクロージャーは、工具無しで容易に脱着可能です。
外してしまえば、ラゲッジの荷物もたくさん乗せる事が可能です。

フロントスピーカーも、同ブランドで
トゥイーターに『Morel PICCOLO供、ミッドウーファーに『Morel HYBRID MW』。
2016081216334047403.jpg
2016081216331547451_2.jpg
MIDは、防振+インナーバッフルでインストール。
トゥイーターは、ドアミラー裏純正トゥイーター位置に、マウント製作です。

純正機能は全て使用でき、操作ももちろん純正のまま。
違いは、『出てくる音』です!
圧倒的な鮮度感の高さ!ダイナミック感!・・・・・抜群です。

純正システムを活かしての、『高音質化!』・・・・DSPのおかげです。
その中でも、この度使用した『HELIX P-SIX DSP MK供
ホント、お薦めです!
system_benza250.jpg


では


DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●オデッセイ・ハイブリッド・・・DSPで音質UPへ●
だいぶ過ごしやすくなった、この時間ですが、
今日は、外から 『ドーンっ、ドーンっ!』と地鳴りのように、超低音が聴こえてきます。
サブウーファーが鳴ってるわけではありません。(`ε´)

今日は、『宮島の花火大会』です。
ちょっと、ここからは距離がありますが充分に聴こえる範囲です。
残念ながら、花火はみえません・・・・・。(゚ε゚)

さて、本題へ
2016081120070844439.jpg










HONDA オデッセイハイブリッド・・・純正システムでは物足らず、
『もっと、良い音で聴きたい!』とのご依頼で入庫しました。

まずは、純正ヘッドは
2016081120035742692_3.jpg










メーカー装着ナビです。これを替えて、システム構築というのも一つの手段ですが、
折角、オプションで選んで付けたナビです・・・出来れば、そのまま使用したい・・・と言う
思いはあるでしょう。

ここ数年『DSPユニット』なるものが、多数発売されてます。そして、商品のクオリティも
どんどん良くなってきてます。それに伴い純正ヘッドでも、充分な音質UPを図ることが
可能になってきているのが現状です。

と言う事で、『純正NAVI』→『DSPユニット』→『スピーカー』というシステムを組んで
いきます。

まずは、DSPユニットです。
2016081120042843833.jpg










助手席シート下に、『HELIX DSP P SIX MK供を取付です。
P-SIX MK供ΑΑ6チャンネルアンプ、8チャンネルDSP内蔵のモデルです。
        MAXシステムでいうと、フロント3WAY(内蔵アンプで) 
        +サブウーファー(外部アンプで)の4WAYが可能です。
    動作サンプルレート『96KHz/24bit』と、非常に高いスペックでの
      内部処理と言う事も、高音質の要因の一つとなっていることは間違いないでしょう。
      このスペックはもちろん『ハイレゾ対応』です!

今回は、フロント2WAYマルチ(内蔵アンプ)+リアスピーカー(内蔵アンプ)のシステムです。

2016081120035742692.jpg










2016081120035742692_1.jpg










ミッドウーファーは、インナーバッフル製作+防振プラン2施工にて取付。

2016081120042843833_1.jpg










トゥイーターは、純正位置グリル内へ取付なので、
見た目の変化は『DIATONEエンブレム』のみです。
スピーカーは、『DIATONE DS-G20』です。

P-SIX DSP MK兇把汗阿気譟G20から出てくる音は
非常にスピード感があり、繊細で、スピーカーの存在感を殆ど感じない
理想的な鳴り方をしてくれてます。
正直、音だけを聴いていると『純正NAVIヘッド』とは、思いません。

その要因の一つとして、P-SIXの内蔵アンプです。
『Class Ultra Dコンセプト』という内蔵アンプです。
詳しくは ⇑⇑⇑ こちらへ

そんなハイスペックなDSP&アンプを持った『P−SIX DSP MK供
のプライス・・・・180,000円(税別) 
内容から考えると、かなりお買い得と感じてます。

system_odyssey_1.jpg













では


DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●ALPINE/BIG-X『11』で鳴らす、DIATONE G20!●
2016080822290038277_2.jpg










新車で、アルファード、オーディオレスで入庫です。
メインヘッドはナビゲーション!
やはり、人気は『ALPINE BIG-X』です。

2016080822292438882_3.jpg










今年のモデルから、アルファード&ヴェルファイアは『EX11V』、
11インチの大画面になりましたねw(゚o゚)w
パネル形状からしても、この11インチがMAXでしょうね。

画面サイズ、画質、操作パネルレイアウト・・・・・申し分無しです。

そして、フリップダウンモニターは、
2016080822292438882_1.jpg










同じくアルパインで、『PXH12X-R-AV』
12.8インチのプラズマクラスターです。

この組み合わせ(ALPINE NAVI+FDモニター)にした場合に、使用できる
機能で、『ダブルゾーン』なるものがあります。
例えば、フロントシートで音楽、後席ではDVD再生。
音も、もちろんフロントスピーカーとリアスピーカーで振り分けされます。

これからの、お盆の帰省、家族でのロングドライブ時などには
重宝する機能ではないでしょうか!

さて、続いては『カメラ』です。
2016080822292438882.jpg










2016080822293239479.jpg










2016080822290038277_1.jpg










フロントカメラは、ナンバープレート下に。
サイドカメラは、ミラー下。
ボタン操作一発で、フロント➡サイドと切り替えて見れます。

そして、バックカメラは純正カメラのごとく、
ステアリング舵角連動表示で、ガイドしてくれます。
カメラは、全部アルパインです。

続いて、外装パーツで
2016080822292438882_2.jpg










『ヒッチメンバー』の取付です。
普段あまりやらない、慣れない作業でしたが無事装着完了!

最後に、音の要のフロントスピーカーです。
2016080822290038277_3.jpg










ミッドウーファーは、『インナーバッフル製作+防振プラン2』で取付。
内張リ後部側へは、ドア開時に点灯するように、赤LEDテープを装着で、
後方へのアピールです。

そして、トゥイーターはAピラーへ。
2016080822290038277.jpg










マウント製作して、埋め込み取付です。
仕上げは、純正に程近い色合いの、ライトベージュのスェード張りです。
ビッグXの、内蔵アンプでも、しっかり鳴ります『DIATONE DS-G20』

デカい、画質きれい・・・だけじゃありません。
『音も綺麗なALPINE BIG-X』でした。

2016080822301539470.jpg














では


DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
★☆夏期休業のお知らせ☆★
kakikyutyo2016.jpg

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●電源部の頭!新製品のご案内です●
気が付けば、もう8月でした・・・
皆さま、暑い中お疲れ様でございます。m(._.)m
コマめに水分補給、塩飴で熱中症対策などなど、体調管理を万全に!

さて、本日は久々に 新製品のご案内です。

オーディオテクニカのTOPブランド『REXAT』の新製品、
バッテリーターミナルです。
rexat2.jpg










AT-RX51BN(マイナス端子用)とAT-RX71BP(プラス端子用)です。
形状は、以前から販売している通常モデル(TBT-151N/TBT-171P)と同じです。

興味津々なのが、『ルテニウムメッキ』と言う言葉でした。
『ルテニウム』・・・・?今まで、全く知らない、聞いたことのない名前です。

ルテニウムメッキの特徴・・・
・・・・・・・接触抵抗が少なく、耐蝕、耐摩耗性に優れ、経年劣化にも強い素材。

車のバッテリーはエンジンルームにある車種が多いでよね。
エンジンルーム=車外です。
エンジンの熱、振動、湿気・・・・かなり過酷な状況です。
その状況から考えると、ルテニウムの特性を考えると、もってこいの素材です。

電源の源は、『バッテリー』です。
そこから、全ての電装品(もちろんオーディオも)への電気の供給はなされている訳で、
その頭に付くものが、バッテリーターミナルと言う事になります。

rexat1.jpg










パッケージから出して、物を確認してみました。
メッキと言っても、ピッカリ系ではなく、艶消しシルバー系です。
実物は、『すごく深みのある、鈍い輝き』そんな感じで、非常に上質感があります。

ルテニウムは、最終段階のメッキで、
実はその下には4層(銅下、ニッケル、パラニッケル、金フラッシュ)も施されている
計5層のメッキ処理がなされています。
ブロック自体の素材は、『真鍮』です。

素材、製作全てに拘って作られた、Newバッテリーターミナル!
オーディオに対して、どれだけの影響を与えてくれるのか!?!?

まだ、取付予定はありませんが、取付した際は、また、ご報告します。

※D端子バッテリー用です。

次回は、
alphard.jpg










こちらの、ご紹介です。

では
DIATONE SOUND.NAVI+純正スピーカーそのままPLAN
DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●100PREMIで作る・Front3WAY!●
2016072920103740199.jpg










先日、新車購入後すぐに、『DIATONE/100PREMI』を取付頂きました
80VOXY、今度は、オーディオシステム取付での入庫です。
2016072920103740199_1.jpg











前車で使用されてた、『FocalのUtopiaシリーズ』のユニットを取付します。

まずは、後ろから・・・
2016072920105841872.jpg










2016072920105841872_1.jpg






















ラゲッジ左隅に、脱着可能エンクロージャー製作し、置いてます。
工具無しで、簡単に移動および取り外し可能!

サブウーファーは『Focal 21WX』です。
適正エンクロージャー容量で、製作してます。
鳴らしてるアンプは、カロッツェリア PRS-D700です。

続いて、フロントスピーカーです。
2016072920103740199_2.jpg










まずは、LOレンジ/ミッドウーファーは、インナー仕上げ。
24mm厚、樺合板でのインナーバッフル製作、そして
防振プラン2で、ドア内補強してます。

MIDレンジは、ドアトリム中段(ミッドウーファーのすぐ上)付近へ
エッジ出しバッフル+バックチャンバーを製作して取付てます。
2016072920103740199_3.jpg











トゥイーターは、Aピラーへ!
2016072920105841872_2.jpg










三角窓付車のAピラー製作は、ちょっと大変です。
何が大変かと言うと、張物です。一枚張りにするには、張る素材も限られてきます。
この度は、New素材『ブラックジャージ(メッシュ系)生地』を使用しました。
純正っぽく、なかなか品のある仕上がりとなりました。

このフロント3WAYは、100PREMIの内蔵アンプで鳴らしてます。
ご存知かと思いますが、内蔵アンプは、4チャンネルです。
100PREMIで、出来るシステムは、フロント2WAYマルチ+サブウーファーが
MAXシステムなので、フロント3WAYをする為には、「パッシブネットワーク」が必要です。

トゥイーターのHI PASS+ミッドレンジのLO PASSフィルターのみ、
製作し接続してます。
100PREMIのシステム設定は『マルチ+パッシブHI』の設定となります。

そうする事により、トゥイーターとミッドレンジのタイムアライメント&レベル調整が
それぞれ、100PREMIで動かせるので、だいぶマルチに近い調整が可能になります。

そして、完成した音は
Focalらしく、さらりと優しい鳴り方です。
内蔵アンプでの3WAYだと言う事は、全く意識しない上質感ある、音でした。
流石、100PREMI!

では
system20160730.jpg















DIATONE SOUND.NAVI MZ80シリーズ+音質UPプラン入門編
DIATONE SOUND.NAVI+DIATONE SPEAKER SETPLAN


音質UPプラン/スピーカー交換

音質UPプラン プロセッサー取付!



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています