●車両防振のページを作りました。●
ご要望増に付き、

〜ロードノイズ低減〜防振処理 

ホームページに、車両防振のページを作りました!



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●JBLサウンド付の60ハリアー/DSPでオーディオグレードアップへ!●
202104171843237357.jpg











60ハリアー、純正ナビヘッド。
そして、サウンドシステムが
202104171847544593.jpg











『JBL付車』です。

音を良くするのは、ちょっと厄介なやつです。(`-´)゛

では、早速作業開始!
ヘッドの純正ナビはそのまま使用してシステム展開していきます。

まずは、スピーカー交換で、
202104171841587352_1.jpg











DIATONE DS-G300の取付で、
トゥイーターは、Aピラーに埋め込みマウント製作(ブラックスェード仕上げ)です。
ミッドウーファーは、メタルバッフル使用+防振プラン2施工でインナー取付です。

続いて、サブ。
2021041718423748803_2.jpg











フロントと同じく、DIATONEで『SW-G50』。

2021041718423748803_1.jpg











ジャージ&スェードコンビ(赤パイピング)仕上げの、
脱着可能専用設計のエンクロジャーをラゲッジに置きます。
2021041718423748803_3.jpg












スピーカーは、以上でフロント2WAY+サブウーファーで完了。

このダイヤトーンスピーカーを鳴らすのは、JBLアンプではなく
202104171841587352_3.jpg











HELIXのNewモデルM FOUR DSP
4chアンプ内蔵10chDSPになります。
このDSPアンプ・・・・本体価格77000(税込)です。
この辺の価格帯で行くならば、音はピカイチです。
システム発展性も高いですし、アンプ内蔵DSPを選ぶ際には、
是非とも、候補に入れるべき逸品です。
といいながらも、残念ながら現在(4/17時点)欠品中です。m(._.)m

この、内臓アンプでフロントの『DS-G300』をマルチで鳴らします。
サブ用アンプには、『ETON MINI-300.2
SW-G50を余裕で鳴らせます。MINIと大きさはコンパクトですが、
かなり駆動力は高いです。

M FOUR DSPとMINI-300.2は、
リアシート下に取付してます。
202104171844307408.jpg











リアシート座面を外した所です。
このフレーム下のスペースに、取付してます。
2021041718423748803.jpg











202104171841587352.jpg












重厚感ありつつの、繊細な表現力!
純正ヘッド再生とは思えない、そんな贅沢な音でした。

202104171841587352_2.jpg











外装もセンス良く纏められた、
『60ハリアー(JBLサウンドシステム付)のオーディオグレードアップ』
でした。

ではでは








 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MAZDA2/音質UPプランスピーカー交換+DEQ-1000A-MZ+サブ取付●
2021041119135935466.jpg











デミオじゃないよ、『MAZDA2』です!(^-^)

純正オーディオからの・・・・・アップグレードです!
まずは、スピーカー交換から

2021041119150434886_1.jpg











ノーマル

2021041119150434886_2.jpg











Morel MAXIMO ULTRA602MKのミッドウーファーの取付。
バッフルは当店製作品の『樺合板』、背圧処理(防振プラン1)施工済み、
サウンドプルーフィングウェーブで、内張り内へのこもり防止対策。

サウンドプルーフィングウェーブ・・・オーディオテクニカの防音材の商品名です。
普段は、『スポンジリング』と、呼んでます。

続いて、トゥイーター
2021041119153140597_1.jpg











純正位置に、

2021041119153140597.jpg











Morelのオプションの真円埋込マウントを使って、
フラッシュマウント取付です。なかなか、すっきりして良いと思います。

次。オーディオの核心部『DSP+AMP』
2021041119135935466_3.jpg











カロッツェリア『DEQ-1000A-MZ』いつもの運転席下ではなく、
助手席足元上部へ、Morelのパッシブネットワークと一緒に取付してます。

運転席下は、
2021041119150434886_3.jpg











大き目の筆箱みたいな形のBOX。
カロッツェリアのパワードサブウーファー『TS-WX010A』です。
DEQ-1000A-MZのサブウーファー出力を使用して鳴らしてますので、
フロントスピーカーとの自然な繋がりも作れます。

このサイズからは、想像しがたいですが『低音の量』も稼げますし、切れも良し!
スペース優先でも低音欲しい人・・・コレは満足できますぞ!
お勧めは、今回取付したように、『DEQ』との接続で、
ちゃんと調整・コントロールできる状況がある方が良いです。

本システムでは、ヘッドは純正マツコネそのまま使用しますので
2021041119135935466_2.jpg











2021041119150434886.jpg











操作は、何も変わらず純正のままなので、悩む事は何も無しです。
ただ、音は圧倒的に良くなってます!
w(゚o゚)w w(゚o゚)w w(゚o゚)w w(゚o゚)w⇦この位!

2021041119135935466_1.jpg











MAZDA2・音質UPプランの施工でした!

m(._.)m


 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●カロッツェリア/DEH-P01 動作点検済み・程度極上品!●
久々の、〜特選・中古品情報〜になります。

ナビは不要、
ソースは『CD・iPod/iPhone・USB』
そんな方に、お勧めの高級1DIN CDプレーヤーと言えば・・・

これしかありませんね
p01mae.jpg











カロッツェリアの『DEH-P01』です。
FACEパネル・・・極めて綺麗です。

p01yoko.jpg











高級機の証、銅板シャーシも、実に綺麗です。
取付痕も見当たらない程です。

p01amp.jpg











未使用の付属6CHアンプもあります。

音質の良さはもちろん、調整能力も非常に高く、
ハイエンドシステムのメインヘッド兼プロセッサーとして使えます。

是非、この機会に!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
カロッツェリア / DEH-P01 中古品 (M.E.I.保証3ヵ月付)

ソース・・・・CD/USB/iPhone iPod/ラジオ
付属アンプ・・・・50W×6(最大)
クロスオーバー・・・・HI/MID/LOW/SUB (フロント3WAY+サブウーファー)

販売価格
¥54,545(税別)・・・・¥60,000(税込)

品時希望小売価格・・・110,000円(税込)
             
程度・・・5段階中4.8

店頭在庫有り
商品に関して、ご質問等ございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

取付もお任せください。
※別途、部品代・工賃が必要となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
取り置きは、出来ません。早い者勝ちです!
興味のある方、お早めにコチラよりお問い合わせください
              ↓↓↓↓  ↓↓↓↓
                問合わせをする

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●ハイエース/フロントスピーカー交換+DSP+フロア防振!●
ハイエースの音質UP!で入庫です。
まずは、フロントスピーカー交換から!
音質UPプラン〜スピーカー交換〜から選んで頂いたのは、
2021040518281519517_3.jpg











トゥイーターは付属マウントを使用して、オンダッシュに取付。

続いて、ミッドウーファー
2021040518284414603_1.jpg











インナーバッフルで取付です。

2021040518273218414_3.jpg











ノーマル⇧
       
2021040518273218414_1.jpg











防振プラン∋楾⇧

ハイエースには、防振プランはかなりお勧めです。
と言うのも、
.痢璽泪襪任蓮▲疋¬弔(ビビり等)が多い・・・
△笋襪函▲汽屮Α璽侫 射廚蕕紺未猟祕荳得犬可能!w(゚o゚)w

折角、付けたスピーカーがしっかり鳴ればなるほど、ドアビビってたら、
おもしろくないですからね!

2021040518273218414_2.jpg











センターコンソール奥、カバー内です。
車室内で、邪魔にならない場所はここしかないと思います。
取付した後は、USBポートのみアクセスできれば良いので、
ココが、ベストポジションでしょう。

DEQ-1000Aは、クロスオーバー内蔵なので、
フロント2WAYマルチが可能!
調整幅もひろがりますし、もちろん音質UPも見込まれますので、
マルチ接続にしてます。

2021040518284414603.jpg











ヘッドは、既に装着済みの『イクリプスナビ』です。
画面はかなり描写もクッキリで綺麗、そして操作感も良いです。
ただ、残念ながら音は今一つ・・・・
そこは、DEQでカバーしてますので、結果問題無しです。

その音は、
深みのある、そしてレスポンスの良いミッドウーファーからの低域は
気持ち良いです。高域も、耳障りな感じは一切なく上質感あるナチュラルサウンドです

オーディオ作業は以上で、次、フロア防振処理です。
ハイエースのエンジンは、フロントシート下にありまして、
当然、エンジン音、振動はドライバーに感じやすいところ。

フロント足元〜立ち上がりまで防振処理をしました。
2021040518281519517_2.jpg











ノーマル状態/カーペットした鉄板部は、こんな感じです。
鉄板には、アスファルト系の制振材、
カーペット裏には、フェルト系の吸音材が張り付けてあります。

まずは、制振材の施工
2021040518281519517.jpg











凹凸追従性、そして制振効果の高い『STP AERO』を使用して、
前面ばりしてます。(これが、1層目)

2021040518281519517_1.jpg











制振材施工後の2層目、吸音・遮音・断熱系素材『STP Accent6』を全面施工。
エンジン音も、低減した感じは体感出来ます。

結果、車内の静寂感アップで、オーディオの音の良くなる方向になります。

ではでは








 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●WRX・純正ナビで音質UPを!●
2021040319072625884.jpg











WRX・音質UPのご依頼で入庫です。
スピーカーは、前後共、既に社外品に交換済み。

ヘッドは、純正ナビで
2021040319072625884_2.jpg











パナソニックのビルトインタイプ。
取り合えず、現状把握の為、調整フラットで聴いてみる。
そつなくなってる感じですが、やや迫力不足・・・

オーナーさんが、サブウーファーを取付したいと言うのも、納得。

で、まずはサブウーファー取付。
2021040319072625884_3.jpg











Focalのパワード『Ibus20』良くな鳴ります。
量感も充分、癖も無くサブとしての役割は果たしてます。
サイズ的には、助手席シート下ギリギリです。

そして、ヘッドユニットの不足を補う為に、
2021040319072625884_1.jpg











『カロッツェリア・DEQ-1000A』
運転席シート下に取付。
パナソニック内臓アンプから、DEQのアンプへと替わった訳ですが、
調整無しで、比較してもかなり駆動力は違う感じで、
スピーカーの鳴りも、躍動感UPです。

そして、肝のDSP調整もしてやると、
サブとの一体感、帯域バランスも良く聴き心地も良し!

スピーカーのポテンシャルを引き出す為には、
やはりアンプ・DSPは重要です。

純正ナビ、ヘッドで音に不満がある場合の改善策の
第一歩(低予算での)として、『DEQ-1000A』は最適です。

ではでは




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●SUBARU/LEGACY OUTBACKの3カメラを社外ナビに映す!●
現行モデルは、生産終了となりましたが、いい車だと思います。
スバル・アウトバック(オーディオレス・3カメラ付)の入庫です。
2021040119095723924_1.jpg











フロント・左サイド・リアのカメラが付いてまして、
この全てを使う(映す)には、純正のDIATONEナビが必要らしい・・・

オーナーさんから、現在『DIATONE NR-MZ200PREMI』を使用中でして、
それをアウトバックに取付して、3カメラを映せないか?
と、購入前に相談を受けてました。

やった事は無いけれど、出来るだろう!とある程度目途をつけといて・・・
いざ入庫後に、車両で確認・・・・
ちょっと、不明な点があったので車両の配線図を頂いて、
(配線図手配頂きありがとうございましたm(._.)m⇨〇ぼっち。)

しばらく、配線図とにらめっこしながら、結線・・・テスト・・・
無事、使える様になりました。
基本的には、車両側に害を与える様な事は無いので、安心してご使用頂けます。

リバースギア連動で、
2021040119110224537_1.jpg











ステアリング舵角連動もします。
その際、『Viewスイッチ』で切替も可能です。

通常時は、
2021040119114018712_1.jpg











このViewスイッチを押すと、

2021040119110224537_2.jpg











フロント+サイド

2021040119110224537_3.jpg











サイドのみ

2021040119095723924_3.jpg











フロントのみ

次、ナビ画面と押す毎に切替わります。
純正の時の動きを知らないのですが、おそらく純正と全く同じ動きだと思います。

今回取付したナビは、
2021040119095723924.jpg











DIATONE NR-MZ200PRMI-2 ですが、
基本バックカメラ入力があるナビならば、OKと思われます。
あっ、純正の枠は8インチサイズなので
7インチナビを付ける為に、隙間を埋めるパネルを作っております!

続いて、スピーカー
2021040119110224537.jpg











DYNAUDIOの『ESOTAN 236(40thModel)』
インナーバッフルは、樺合板で製作。
鳴りは、最高に良いです。

2021040119114018712.jpg











トゥイータは、純正ダッシュ上グリル上に
汎用オンダッシュマウントで、取付してます。

しかし、よく思うのですが、スバル車のドア鳴は
すこぶる良いと思います。
特に、レガシィ・アウトバック・フォレスター・・・は

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●MAZDA アクセラ/プロセッサー取付+スピーカー交換!●
マツダコネクト付車
    ⇩
プロセッサー(DEQ-1000A-MZ)
    ⇩
フロントスピーカー交換
    ⇩
Aピラー トゥイーターマウント製作

良くやる施工です。
順を追って、やるも良し。
全部一気に、やるも良し!(^-^)

今日ご紹介は、全部一気にやったお車です。
2021032814342135842_2.jpg











マツダコネクト搭載のアクセラです。
お仕事で、長い時間乗る事が多いので、
その時の、楽しみにオーディオの音を良くしたい!とのご依頼です。

まずは、フロントスピーカー
2021032814343132333.jpg











Morelの人気モデル『MAXIMO ULTRA 602 MK供

防振プラン 頁悵欺萢)施工の上、インナーバッフルにて、
ミッドウーファーの取付です。

2021032814342135842_3.jpg











運転席シート下に、Morelスピーカーネットワーク、
そして赤いボディはカロッツェリアのプロセッサー

※人気のDEQ-1000A-MZですが、現在メーカー欠品中です。
店の在庫も、残り1台となりました。
(既に、ご成約頂いているお客様の分は、確保済みですのでご安心を)

続いて、トゥイーター!
2021032814342135842.jpg











2021032814342135842_1.jpg











Aピラーに、半埋込マウント製作しました。
仕上げは、スェード仕上げで、質感も良くお上品な仕上がりです。

で、音の仕上がりの方はと申しますと、

『純正と、全然違う!w(゚o゚)w・・・・・
低域もしっかり出てて、サブウーファーが付いてるみたいですね!(^-^)』

                       ・・・・オーナー様談

オーナーさんの仰る通りで、
出た瞬間で解る程の明瞭感の違い!
そして、圧巻はドアのミッドウーファーの低域再生能力!

好きな音楽を、良い音で聴ける車内・・・
車での移動時間が、より楽しいものになったのではないでしょうか!!

ではでは











 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●最近依頼が多いです!車両防振(デッドニング)●
2021032420402429902.jpg











TOYOTA・TANK車両防振(デッドニング)のご依頼で、入庫です。
最近、車両防振の問合せ、ご依頼が非常に増えてます。何故かは不明。

オーディオの為の環境造りとして、やる方もいれば、
車両の走行ノイズ低減、静寂性を求めてやる方も。

この度のタンクは、後者の方です。

静かにするには、車丸ごと施工するのが一番なのですが、
金額も結構掛かりますし、重量増も気になるところ。

そこで、部位を絞ってやるとなると
お勧め箇所は、『ルーフ(天井)』そして、『ラゲッジ廻り』を
提案します。(多くの車は、ココだと思います)

では、早速!
2021032420410427646.jpg











A・B・CDピラー全部外して、ルーフトリムを外した所(ノーマル状態)です。
後にだけ、吸音材が入ってます。

2021032420410427646_2.jpg











制振材全面施工!

2021032420410427646_1.jpg











その上に、吸音・遮音シートを全面施工。
この時点で、車内での会話の響きの違いが既に感じられます。

使用素材は、耐久性・効果抜群で信頼度◎の
制振材・・・STP AERO
吸音・遮音材・・・STP Biplast10
を使用してます。

続いて、ラゲッジ廻り
2021032420402429902_1.jpg











トリム類を外して、鉄板部剥き出しにしたところ。

2021032420402429902_3.jpg











制振材全面施工。

2021032420402429902_2.jpg











吸音・遮音材全面施工。

使用素材は、ルーフと同じくSTPです。
制振材・・・STP AERO
制振材・・・STP BOMB AERO⇦一部に使用!
と、適材適所に使い分けをしてます。
吸音・遮音材・・・STP Biplast10

最後に、内装を元通りに組み付けて完成です。

防振作業の半分の時間は、この『内装バラシ+組み付け』です。
箇所によっては、内装と接して組み付けが出来なくなるので、
やり過ぎ注意です。

この施工で、どんだけ変わるのか?!
体感出来るのか?!と、良く聞かれますが
違いが判らないと言う事は、まず無いと思います。
確実に違うポイントとしたら、
・天井に当たる雨音(これは、あからさまです)
・エンジン音(天井の響きが低減される為)
・走行ノイズ(タイヤ・足廻りから伝わる音)
などなど、です。

ではでは




 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています
●New!Morel ELATE CARBON MW9 /4本揃いました!●
2021032220323225582_1.jpg











MorelのNewモデル『ELATE CARBON MW9』
9インチと言う、日本ではあまりなじみの無いサイズのウーファーですが、
これでないと、駄目なんです。

その訳は、こちら
2021032220323225582_3.jpg











Spremo SW9からの、差し替えなので!
ちなみに、サイズはドンピシャ同じです・・・
と言うか、バスケットは同じ物のようです。

2021032220325130124_1.jpg












2021032220323225582_2.jpg











セカンドシートバックのエンクロージャーに
表に2本。裏に2本のアイソバリック方式。
裏の2本は、普段全く見えません。
この度の様な、ユニット交換時くらいにしかお目に掛れません。

と言う事で、
2021032220325130124.jpg











ホントに、付いてます。(^-^)

9インチ4発で、求める物は低域の『質』です。
反応は抜群に良いですし、切れも良しです。

2021032220323225582.jpg











進化続ける『重鎮・テリオスキッド』でした!

ではでは



 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています